您好,欢迎来到板报网! 今天是:
当前位置:首页手抄报小学生手抄报

日本手抄报版面设计图,近距离看日本

图片作者:@妤沫羽 发布时间:2020-03-30 精彩评论:0 共有图片:1P

正确认识我们的近邻日本,具有重要的意义。

日本手抄报版面设计图,近距离看日本

元旦の朝早く、神社や寺院にお参りして、開運札をいただき、一年の幸運を祈る習慣を初詣という。東京なら明治神宮、名古屋なら熱田神宮というように、人の集まる神社は決まっている。一年の 始まりは初詣からという人も多いだろう。日本人にとって新年、お正月はあらゆるものが新しく始まるということでもある。伝統的な飾りものの門松は家の入 り口に置かれる。健康で長生きできるようにという願いを表している。

附:正月には、門には注連縄(しめなわ)を張り、松飾をつけ、または門松を立てる。門松は、神の降臨するための樹木を立てるという意味がある。松飾のある期間は元日から7日まで(昔は15日まで)で、この期間を「松の内」ともいう。

别的同学正在看:
我来说两句:(0人参与)
精彩评论:(0条)更多精彩评论